/

この記事は会員限定です

下期純利益は明暗 製造業は77%増、非製造業は半減

[有料会員限定]

上場企業の2020年度下期予想を巡り、製造業と非製造業で明暗が分かれている。製造業の純利益は前年同期比77%増と上期(54%減)から急回復する。米中の需要底入れで自動車や電機が上向く。一方、非製造業は交通やレジャーが苦戦し49%減と上期(28%減)から減益幅が拡大する。復調する外需の取り込みで差が出るが、新型コロナウイルスの感染次第で不透明感も残る。

13日までに20年4~9月期決算を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1320文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン