/

「がぶり」武器に相撲追求 元大関・琴奨菊引退へ

元大関で西十両3枚目の琴奨菊(36)=本名菊次一弘、福岡県出身、佐渡ケ嶽部屋=が現役引退を決めたことが14日、わかった。今場所は左ふくらはぎの肉離れの影響もあって15年ぶりに十両へ陥落し、6日目まで1勝5敗と苦戦が続いていた。

2011年9月、大関昇進の伝達式を終え、若手力士に担がれポーズをとる琴奨菊=共同

華麗な投げや俊敏性があるわけではないが、筋肉がはちきれんばかりの下半身が生み出す馬力を武器に19年間、土俵に上がり続けた。左四つに相手を組み止め、あんこ型の体を上下に揺すって一直線に前へ運んでいく。代名詞のがぶり寄りの迫力と、土俵の外での福々しい笑顔で多くの人に愛された力士人生だった。

そのいちずな相撲が大輪の花を咲かせたのが2016年初場所だ。鶴竜、白鵬、日馬富士の3横綱や稀勢の里を次々と打ち破り、日本出身力士として10年ぶりの幕内優勝を成し遂げた。

ただ、栄光よりも苦難の日々が長かった。大胸筋断裂や左膝靱帯損傷など故障が続き、大関在位32場所で2桁白星は9度だけで、かど番は7度。優勝のわずか1年後には大関から陥落した。

2016年1月、大相撲初場所千秋楽の取組を前に気合を入れる琴奨菊=共同

平幕で現役を続けることへの葛藤を抱えながらも「開き直ったというより、今の方が考えてやっているから『気づき』が多い」と新たな境地に。関取最年長の36歳となった今年も立ち合いの前傾の角度を変えるなど「白星に視点を置かずに自分を追求していきたい」という姿勢を貫いた。次代を担う大器といわれる琴勝峰ら弟弟子の模範となりつつ、若手の稽古からヒントを得ようという貪欲さもあった。

先場所で十両陥落が決まった後も、師匠の佐渡ケ嶽親方(元関脇琴ノ若)に「けがに負けて引退するのは嫌。まだやりたいことがいっぱいある」と告げていた。無念の引退には違いないが、史上6位の幕内通算718勝という記録以上に残した足跡は大きい。

(本池英人)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン