/

この記事は会員限定です

東アジアサミット思惑三様 米中対立、ASEANは距離

[有料会員限定]

日米中ロと東南アジア諸国連合(ASEAN)など18カ国は14日、東アジア首脳会議を開いた。トランプ米大統領は4年連続の欠席で、中国の存在感が際立つ。米中対立と距離を置きたいASEAN各国は中立を保ち、大統領選後の米国のアジア政策を注視する。

「出席できないことをトランプ大統領は残念に思っている」。14日、オンラインで開かれた米国とASEANの首脳会議で、米国代表として現れたオブライエン大統領補佐官...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1158文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン