/

この記事は会員限定です

米大統領選ラリー 混迷下の株高どこまで

(更新) [有料会員限定]

「半年後に相場は大きく上昇するだろう」。著名投資家で、米資産運用会社グッゲンハイム・パートナーズの最高投資責任者であるスコット・マイナード氏はこう言い切る。3日に投開票された米大統領選をきっかけに始まった、世界的なラリーが来年以降も続くとの見立てだ。

バイデン氏が当確、追加経済策が前進する可能性

「この厳しい悪夢の時代に、今ここで終わりを告げよう」。民主党候補のジョー・バイデン前副大統領(77)が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3760文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン