/

この記事は会員限定です

[社説]スー・チー氏は和平を急げ

[有料会員限定]

ミャンマーが8日に実施した5年ぶりの総選挙で、アウン・サン・スー・チー国家顧問率いる与党が議会の過半数を維持し、単独政権の継続が決まった。事前の苦戦予想を覆し、大勝を収めた。批判の声も真摯に受け止め、2期目は公約実現にまい進してほしい。

国民民主連盟(NLD)は2015年の前回総選挙を制し、半世紀余り続いた国軍の政治支配に終止符を打った。政権運営に対する初の審判だった今回も、改選476議席の8割超...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り603文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン