/

この記事は会員限定です

居酒屋も「脱・総合」、看板料理や少人数を前面に 宴会減で

新型コロナ・中部の衝撃

[有料会員限定]

商社、電機、スーパー――。かつて「総合」を冠した業態が特定の事業や商品・サービスに生き残りをかけて久しい。新型コロナウイルス禍で脱・総合の荒波は居酒屋にも押し寄せる。企業の宴会から女子会やデートに需要が移り、客層からメニューまで間口の広さを売り物にした戦略を見直す動きが出始めた。

6日、JR名古屋駅から徒歩1分の好立地に個室居酒屋「きばくもん駅西店」がオープンした。野菜などを極薄にスライスした国産...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1231文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン