/

この記事は会員限定です

TSMC、固定給2割引き上げ 台湾の全社員5万人

[有料会員限定]

【台北=中村裕】半導体大手の台湾積体電路製造(TSMC)が2021年1月から従業員の固定給を2割引き上げることが、13日分かった。優秀な若手の半導体の人材を確保するほか、海外からの人材の引き抜き防止に役立てる狙い。台湾で勤務する全社員約5万人を対象とする。

経営側が13日、社内に向けて通達した。固定給の大幅引き上げは「会社の急成長に伴うもの。固定給の競争力は、新規の人材採用と、(既存社員を)つなぎ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り580文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン