/

この記事は会員限定です

シーメンス、「脱総花」根付く 競合上回る利益率

ケーザー社長7年の有終

[有料会員限定]

新型コロナウイルス下で、独シーメンスが粘り強さを見せている。12日発表の2020年9月期通期の決算(継続事業ベース)は売上高・利益とも小幅減にとどめ、金融を除く本業の利益率は14%台と製造業では高い水準となった。在任7年を超えたジョー・ケーザー社長による「脱総花経営」の効果は出ている。来年の体制移行後に成長の絵を描けるかが課題だ。

「もっとうまくできたか? もちろんだ。だがもっと悪い結果もありえた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り978文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン