/

この記事は会員限定です

中小再編で法人税軽減 政府・与党検討

[有料会員限定]

政府・与党は中小企業によるM&A(合併・買収)の税制優遇を検討する。買収時の取得金額の一部を損金算入することを認め、法人税を軽減する案を軸に調整する。競争力の強化につながる再編を後押しする。12月にまとめる2021年度の与党税制改正大綱に具体策を盛り込む。

菅義偉首相は中小の生産性を高めるため統合・再編を促す意向を示していた。

M&Aでは買収後に隠れた簿外債務などが発覚するリスク...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り191文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン