/

そごう徳島店跡地、三越伊勢丹HDと交渉

徳島都市開発が明らかに

そごう徳島店が入っていた徳島駅前のアミコビル(徳島市)

JR徳島駅前のアミコビルを管理する徳島市の第三セクター、徳島都市開発(徳島市)は13日、同ビルから8月末で撤退したそごう徳島店の跡地のキーテナントとして三越伊勢丹ホールディングス(HD)と交渉していることを明らかにした。同HDは実店舗とオンライン販売を融合させた新しい形態の小型店舗を来年9月をメドに出す方向で調整しているという。

徳島都市開発の鈴江祥宏社長が同日会見し、「三越伊勢丹HDと具体的な出店に向けた協議を開始した」と語った。出店に関する正式な契約は結んでいないが、今後の交渉によって「出店自体が撤回されることはないと考えている」(鈴江氏)との見通しを示した。

出店を予定しているのは閉店したそごう徳島店が入居していたアミコビルの2階と5階のフロアの一部。メインとなる2階は床面積の半分程度を使用する見込み。日本橋三越本店と伊勢丹新宿店をオンラインで結び、徳島で東京の百貨店の商品を購入できるようにする。接客もオンライン対応の導入を検討している。

徳島都市開発ではキーテナントの出店協議が始まったことで、他のフロアの「出店に向けた交渉にも拍車がかかるだろう」(鈴江氏)と期待を示した。徳島県はそごう徳島店の撤退によって百貨店空白県となっていた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン