/

この記事は会員限定です

四国の地銀、取引先支援に軸足 資金繰り一服

4~9月期決算、出そろう

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う四国地銀の取引先支援が、新たな局面に入りつつある。2020年4~9月期決算が13日までに出そろい、当面の資金繰り需要が落ち着き始める中、金融機関は企業ごとの支援策を講じる体制を整えている。運転資金需要は地銀の貸出金残高を増加させたが、今後は取引先の事業を支援することが地銀の収益を左右する。

新型コロナに伴うヒト・モノの停滞は個人消費と企業の生産活動に大きな影響を与...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1879文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン