/

この記事は会員限定です

5大銀、コロナ損失は想定以下 先行きはなお懸念強く

(更新) [有料会員限定]

13日出そろった5大銀行グループの2020年4~9月期決算は合計の連結純利益が前年同期比32%減の1兆229億円だった。新型コロナウイルス禍の影響で11年ぶりの低水準だった。政府の支援策で企業倒産が抑えられたことで不良債権処理費用は想定以下に収まった。足元では感染の再拡大で景気の持ち直しが遠のく懸念が強まる。先行きは楽観できない。

「一言でいうと悪くない決算」(三菱UFJフィナンシャル・グループの亀澤宏規社長)、「本業収益に支えら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1398文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン