/

この記事は会員限定です

がん治療、細胞間の「宅配網」に活路 薬が行き渡った

[有料会員限定]

人体には、飲食店から料理を取り寄せる宅配網のようなしくみがある。配達員は注文に応じて細胞から細胞へ生体物質を運ぶ。この配達員のかばんに治療薬を詰めたところ、体の奥深くのがんに効き目があった。治療が難しいがんを治せる可能性が出てきた。

このかばんを「エクソソーム」という。直径100ナノ(ナノは10億分の1)メートル程度の微小なカプセルで、血液1ミリリットル中に約50億~100億個ある。体の中のあらゆ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1050文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン