/

健康産業の振興へ国際ルールを 自民議連、中国を念頭

自民党のルール形成戦略議員連盟(甘利明会長)は13日の会合で、健康関連産業の振興に向けた具体策を議論した。サプリメントや健康器具など体に良い製品に関する国際ルールを設けることで輸出の拡大につなげる案を検討する。年内にも提言をまとめる。

健康リスクを抑制する「ハームリダクション」と呼ばれる考え方を用いた国際ルールの創設を話し合った。中国を念頭に経済安全保障に影響を与えにくい健康産業分野でビジネス機会の拡大をめざす。

運動を目的とした家庭用ゲーム機など、健康志向の消費者に向けた国内の製品は多岐にわたる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン