/

BASEの1~9月 9億4900万円の最終黒字

個人向け電子商取引(EC)サイト製作のBASEが13日発表した2020年1~9月期の連結決算は、最終損益が9億4900万円の黒字(前年同期は2億8300万円の赤字)だった。新型コロナウイルス禍による外出自粛を背景に、店舗のオンライン化や巣ごもり消費が加速し、ECサイトの開設数が伸びた。

売上高は前年同期比2.2倍の59億円。ECサイトの開設需要は1~6月に比べやや落ち着いたものの、新規開設数はなお前年同期を上回る水準で推移。ECサイト開設事業の売上高は前年同期比2.4倍と好調だった。オンライン決済事業も増収だった。営業損益は11億円の黒字(前年同期は2億8000万円の赤字)だった。

20年12月期の通期見通しは従来予想を据え置いた。売上高は前期比95~110%増の75億~81億円の見通し。最終損益は5500万円の赤字~3億9400万円の黒字(前期は4億5900万円の赤字)を見込む。新型コロナの影響で不透明感が強く、幅を持たせた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン