/

この記事は会員限定です

仙台の冬の風物詩開催決定、恒例行事実施のモデルに

コロナ危機 地方から

[有料会員限定]

コロナ禍で大型イベントが相次ぎ中止となる中、開催を決めた仙台市の「SENDAI光のページェント」。決定の背景には感染を防ぎつつ、親しまれた行事を開くモデルを示す狙いがある。協賛金が減る一方で、開催期間を変更するなどの苦肉の策も。「新しい様式のイベント」へ関係者の模索は続く。

「今冬の開催を、来年のイベント実施につなげていきたい」。11日、実行委員会の高橋進伍委員長は開催概要の発表会見で強調した。光...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1019文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン