/

中国外務省、バイデン氏に祝意を表明

【北京=羽田野主】中国外務省の汪文斌副報道局長は13日、米大統領選で勝利を確実にした民主党のバイデン前副大統領に祝意を表明した。「バイデン氏と(副大統領候補の)ハリス氏に祝意を示す」と述べた。中国側が祝意を示したのは初めてだ。

汪氏は「大統領選を巡る米国内と国際社会の反応をずっと注目してきた」と語った。正式に結果が確定しない状況で、タイミングに苦慮した様子をうかがわせた。「選挙結果は米国の法律と手続きに基づいて確定される」とも指摘した。

バイデン氏の当選確実が伝わると、日本や欧州、中東などの首脳が次々と祝意を表明した。

中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席はまだ祝電を打っていないが、外務省が先行した形となった。ロシアのプーチン大統領もまだ祝意を表していない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン