/

この記事は会員限定です

寒さに強い全固体電池、零下でもEV快走へ

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

静岡大学の守谷誠講師と東京工業大学の一杉太郎教授らの研究グループは、電気自動車(EV)などで活用が期待されている次世代蓄電池の全固体電池の電解質に活用できる有機分子結晶を開発した。従来技術に比べて低温で動作しやすいのが特徴。冬季の最低気温が零下になるような寒冷地用の自動車などへ応用できる可能性がある。

全固体電池は、自動車やあらゆるモノがネットにつながるIoT機器用の電池として開発が進んでいる次世...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り877文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン