/

この記事は会員限定です

ドイツのインド太平洋戦略 狙いは「バランス外交」

(更新) [有料会員限定]

欧州連合(EU)議長国のドイツが「インド太平洋戦略」を打ち出した。一見すると中国包囲網に加わるようにみえるが、内実は異なる。「中国偏重」という印象を拭いつつ、中国を含めたアジア全域とうまく付き合う「バランス外交」に移行するのがドイツの狙い。長年におよぶ周到な準備の裏には打算が透ける。

「いまや世界経済の4割を占める。経済面でも政治面でも存在感が大きくなった」。アルトマイヤー独経済相は日本経済新聞に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1377文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン