/

この記事は会員限定です

カインズ、デジタル分野で新施策 売り場案内ロボも

[有料会員限定]

ホームセンター大手のカインズがデジタル分野の施策を強化している。11月から売り場を案内する自動ロボットなどの導入を始めた。買い物時のストレスを少なくする狙いがある。同社は「IT(情報技術)小売企業」を掲げており、今後さらにデジタル化を加速させる方針だ。

埼玉県朝霞市で3日、新店「カインズ朝霞店」がオープンした。開業時、特に注目を集めたのは売り場を案内するロボットだった。朝霞店は2台を導入した。同社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り630文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン