/

この記事は会員限定です

製紙大手6社、5社が営業減益・赤字 印刷用紙落ち込む

[有料会員限定]

製紙大手6社の業績が低調だ。13日出そろった2020年4~9月期決算では、最大手の王子ホールディングス(HD)をはじめ5社が営業減益か赤字だった。印刷・情報用紙の需要が大幅に減った。堅調と見られた段ボールは産業向けが振るわない。各社は需要回復が見込みにくい印刷用紙からの脱却を急ぐ。

13日に北越コーポレーションが発表した4~9月期の連結決算は営業損益が32億円の赤字(前年同期は73億円の黒字)と、同期間として過去最大の赤字。新型コロナウ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り858文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン