/

この記事は会員限定です

転機のゆめタウン 改革急ぐイズミ「変化か死か」

[有料会員限定]

西日本で総合スーパー(GMS)の「ゆめタウン」などを運営するイズミが転換点に立っている。これまで新規出店やM&A(合併・買収)による拡大路線で順調に業績を伸ばしてきたが、その成長が限界を迎えた。新型コロナウイルスの影響も重なる。稼げる体質へと「ダイエット」し、再び成長曲線を描けるか。地域スーパー大手の苦闘する姿を追った。

大きな肥満体――。イズミの山西泰明社長は、自社の現状をこう表現する。2019年2月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3627文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン