/

中部空港、今期最終赤字202億円に コロナで過去最大

中部国際空港(愛知県常滑市)は13日、2021年3月期の連結最終損益が202億円の赤字(前期は47億円の黒字)になりそうだと発表した。通期としては11年ぶりの最終赤字で、05年の開港以来で最大の赤字額となる。新型コロナウイルスの感染拡大で旅客関連の収入や店舗の売り上げが急減する。航空業界同様、空港も厳しい経営環境に直面している。

利用客が少ない中部国際空港の出発ロビー(8月、愛知県常滑市)

売上高は前期比79%減の138億円、営業損益は199億円の赤字(前期は76億円の黒字)を見込む。同日会見した犬塚力社長は「世界的な規模で人の移動に制限がかかり、過去に例のない需要減となった」と厳しい表情を浮かべた。

空港の業績は利用動向と連動する。今期の旅客数が172万人と、前期から86%減る点が大きい。利用者の半数を占めていたインバウンド(訪日外国人)がほぼ消失したことで、国際線利用者は約2万人と前期の619万人から99.7%減る。

国内線も同640万人から170万人と73%減る見通しだ。航空会社から得る着陸料、旅客者から入る施設利用や保安関連の料金などの収入が大きく減少する。

旅客者数が減ると関連施設の利用も鈍る。20年4~9月期は免税店や物販、飲食などの店舗売上高が95%減の10億円だった。うち前年同期に6割を占めていた免税店の売上高は141億円からわずか6百万円になり、物販や飲食も9割減った。

コロナ禍前までにぎわいを見せていた空港は、利用客の姿が今やまばらだ。19年9月に開業した格安航空会社(LCC)向けの第2ターミナルはエアアジア・ジャパンの事業撤退により、現在はジェットスター・ジャパンのみの運航となっている。

政府が推進する「Go To」事業の後押しはあっても、航空機を使う遠方への移動は近場の旅行に比べればまだ限定的とも言える。

空港内のショップ、レストランの約130店も足元で半数弱が臨時休業している。三越伊勢丹ホールディングスは21年2月末で「イセタンセントレアストア」を閉店すると決めた。空港から撤退を決めたテナントは「他にも複数出ている」(中部空港)という。

犬塚社長は「従業員の雇用は守る」として、賞与削減や役員報酬の自主返上などの施策も明かした。ただ店舗を運営する子会社の従業員数十人については、接客ノウハウを生かすことができる他の企業へ出向する手続きも進めているという。

当面の資金繰りの見通しは立っており、6月には政府保証債として173億円を予定より前倒しで発行した。このほか最大195億円を追加で発行できる準備もした。

航空会社の誘致にも努め、12月には国内LCC最大手のピーチ・アビエーションが新規就航する。20年内にもPCR検査センターを開設し、渡航者が数時間で陰性証明書を受け取れるようにもする。日本航空(JAL)は中部空港を発着する周遊チャーター便を設けるなど、航空会社側も需要喚起を促している。

空港利用者の減少は愛知県や地元財界などが強く要望する第2滑走路の実現可能性にも響く。他の空港での新滑走路の建設は「発着回数の増加実績で安定運航への支障をアピールし、実現してきた歴史がある」(航空関係者)との指摘もある。需要減にあえぐコロナ禍では前向きな検討がしづらいのも実情だ。

国際航空運送協会(IATA)は航空需要がコロナ禍以前の水準にまで回復するのは24年になるとの見通しを示す。コロナ拡大は空港自体の将来像にも影を落としている。

(野口和弘)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン