/

20年の国内IT支出は2・6%減 ガートナー調べ

調査会社のガートナージャパン(東京・港)は13日、日本での業種別IT(情報技術)支出動向を発表した。それによると、2020年は前年比で2.6%減少する見通しだ。消費税の増税対応やパソコン用基本ソフト(OS)「ウィンドウズ7」のサポート終了に伴う買い替え特需のあった昨年からの反動に加え、新型コロナウイルスの感染拡大が響いた。

21年の成長率は前年比3.2%増に回復すると予測する。19年から24年までの5年間の年平均の成長率は2.6%増で、24年には全体のIT支出は約32兆円に達すると予測する。

コロナ禍でIT支出に特に深刻な影響を受ける業種は卸売りや製造、天然資源、運輸という。一方で、銀行や証券のほか、教育、通信、放送、官公庁などはIT支出を増加させるとみる。(矢口竜太郎)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン