/

この記事は会員限定です

データ活用のマーケティング(2) 課題の浮上と技術の進歩

中央大学教授 生田目崇

[有料会員限定]

近代的なマーケティングの起源は江戸時代の日本だという説があります。三越の前身である呉服店「越後屋」が始めた「店先(たなさき)販売」や「切り売り」です。大福帳も顧客の購買履歴データで、ニーズ把握につながりました。

マーケティングの研究が本格化したのは1950年代以降で、4P(Product Price Place Promotion)として知られるマーケティングミックスの概念が登場したのも60年代で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り664文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン