/

島忠、ニトリの買収提案受け入れ発表 16日からTOB

ホームセンター大手の島忠は13日、ニトリホールディングス(HD)による買収提案を受け入れると正式に発表した。同日、ニトリHDは島忠に対するTOB(株式公開買い付け)を16日から始めると発表。最大2100億円を投じて完全子会社化を目指す。

ニトリによるTOBの買い付け期間は16日~12月28日までで、買い付け価格は1株あたり5500円。買い付け予定数の下限は発行済み株式(島忠保有分を除く)の50%とした。

島忠を巡ってはDCMHDが16日まで1株4200円でTOBを実施している。島忠はこれに賛同していたが、ニトリがDCMを3割上回る1株5500円の価格を提示。島忠はニトリ側への賛同に転じた。DCMがTOB価格の引き上げなどを行わなければ、争奪戦はニトリが優勢になりそうだ。

島忠は首都圏を中心に約60店舗を運営している。ニトリの出店ノウハウを通じた他地域への出店やプライベートブランド(PB)商品の開発でもシナジー効果を見込む。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン