/

東京・中央区 臨海地下鉄「街づくりに必要」

東京都中央区の山本泰人区長は都心と臨海部を結ぶ地下鉄新線について「新線なくして街づくりはない」と述べ、改めて必要性を強調した。将来の区人口の増加に備えるため新たな交通網が求められるとして、国や都への要請活動を強化する姿勢を示した。

新線に関し、区の都市計画審議会会長を務める市川宏雄・明治大学名誉教授(都市政策)は「東京の国際競争力の強化に資する」と話した。将来、臨海地下鉄を経由し都心と羽田空港がつながることの重要性を指摘した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン