/

この記事は会員限定です

日経平均反落 感染急増、コロナトレード再来

証券部 増田咲紀

[有料会員限定]

13日の東京株式市場で日経平均株価は9営業日ぶりに反落した。朝方にミニ日経平均先物や日経平均オプションの11月物の特別清算指数(SQ)が算出され、先物・オプション市場を見越した、前日までの思惑的な現物買いが一服。新型コロナウイルスの感染者が世界で急増していることに、改めて関心が集まった。航空・鉄道株などが売られ、「巣ごもり消費」の関連銘柄に買いが集まる「コロナトレード」の再来だ。

SQは先物・オ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り808文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン