/

この記事は会員限定です

京都大、リスクとり知的価値創造 湊学長に聞く

[有料会員限定]

京都大学の学長に10月1日付で湊長博氏が就任した。人類社会の行方が不透明性を増し、大学の教育、研究のあり方が厳しく問われる中で京大はどんな大学を目指すのかを聞いた。

――大学の使命は何でしょうか。

「知的なインフラを公共の利益のために創り、人材育成を通じて社会に還元することだ。教育も研究も時間軸が長いことを考えると、公共財である国立大学の最大のステークホルダーは政府や文部科学省ではなく、最終的には...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2436文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン