/

この記事は会員限定です

「今だけ安い」OK? 消費者庁が価格表示で指針案

[有料会員限定]

セール中の今は1万円、セール終了後は1万5000円――。消費者庁はこうした将来の販売価格を引き合いに出して消費者をひき付けようとする手法について、景品表示法に基づく目安づくりに乗り出す。過去の実績に基づいて割安さを訴える手法に比べて基準が曖昧なため、明確化することで企業の誤認表示を未然に防ぐ考えだ。

将来の販売価格と比較する二重表示についての執行方針案を9月にまとめ、10月下旬まで意見を募集した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1165文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン