/

この記事は会員限定です

信用保証書でも電子化広がる 制度融資を迅速化

[有料会員限定]

各地の信用保証協会で、信用保証書を電子化する動きが広がっている。新型コロナウイルス禍で今春以降、同協会が保証人となる制度融資が急増している一方、書類によるやりとりが続いていた。デジタル化で融資実行までの期間を縮め、使い勝手を改善する。制度融資でもデジタル化が浸透し始めた。

「融資手続きが迅速になり、金融機関からの評判は良い」

7月に信用保証書を電子化した富山県信用保証協会の担当者はこう語る。従来は金...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り675文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン