/

データ活用合弁会社設立 PKSHAと東京海上

人工知能(AI)開発のPKSHA Technology(パークシャテクノロジー)と東京海上ホールディングスはこのほど合弁会社を設立した。東京海上が保有する自動車事故や災害、ヘルスケア関連などのビッグデータを、パークシャのAI技術で解析する。リスクの検知や軽減に関わる新規事業の開発を目指す。

設立した合弁会社はAlgoNaut(アルゴノート、東京・文京)。パークシャが6割、東京海上が4割を出資した。パークシャの上野山勝也代表と、A.T.カーニーなどを経て2020年にパークシャへ参画した佐野長紀氏が、アルゴノートの共同代表に就いた。

パークシャと東京海上は4月に資本業務提携で合意した。合弁会社を設立して関係性を強化し事業を進める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン