/

この記事は会員限定です

阪神高速通行止め、渋滞に注意 バスやタクシーも影響

[有料会員限定]

大阪市中心部を走る阪神高速道路の主要区間が19年ぶりの大規模改修工事で通行止めとなり、生活や仕事への影響が出ている。市中心部の一般道では渋滞が起き、バスやタクシーも対応を迫られている。一部の工事は27日まで続き、阪神高速道路会社は「時間に余裕を持った移動」を呼びかけている。

「大阪市内の主要な通りが特に混んでいる。常に迂回ルートを考えながら運転している」。ハイヤーの運転手の男性(66)は影響を語る...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1319文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン