/

ビズメイツ、外国人IT人材の仲介サービス

オンライン英会話サービスを手がけるビズメイツ(東京・千代田)は外国人のITエンジニアを日本企業に仲介するサービスを始めた。国内外から日本に関心をもつ技術者を探し、企業が採用できる。新型コロナウイルス下で海外人材を採用しにくい中でも、IT人材の不足は深刻で需要が引き続き強いと判断した。

新サービス「ギットタップ」をこのほど始めた。日本企業で働きたい外国籍のITエンジニアに特化する。企業はギットタップに登録するエンジニアの中から、扱うプログラミング言語や求める日本語能力などで自社に合う人材を探せる。当初はすでに日本に住む外国人が中心だが、東南アジアやインドの人材に登録を広げていく。現地に住んだまま遠隔で日本企業で働くケースも想定する。

特徴はビズメイツが受け取る利用料が成果報酬のみである点だ。ギットタップ経由で採用が決まると、年収の約15%に相当する報酬を受け取る。初期費用や手数料はかからず、企業は納得いくまで選考しやすい。特定の候補者を紹介するサービスに比べるとコストを抑えられるといい、スタートアップなどの利用を見込む。

オンライン英会話事業を持つ強みも生かす。利用企業が英語で求人情報を作らなくても、自動で英語に翻訳する機能をつけた。既存の英会話事業の法人顧客にも活用を促し、ギットタップの導入を広げる。

ビズメイツはビジネスに特化したオンライン英会話が主力事業。2018年に日本に住む外国人IT人材を企業に紹介する事業を始めた。海外の求人サービスや大学などと連携を進め、25年までに1000人のエンジニアの仲介をめざす。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン