/

米政権、TikTok巡り上訴 利用禁止措置差し止めに不服

トランプ政権はTikTok(ティックトック)を問題視している=ロイター

【ワシントン=鳳山太成】トランプ米政権は12日、中国発の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」に対する事実上の利用禁止措置を差し止めた判断を不服だとして、連邦控訴裁判所(高裁)に上訴した。措置は同日発効する予定だったが、連邦地裁が一時差し止めを命じていた。

東部ペンシルベニア州の連邦控訴裁に上訴した。同州の連邦地裁は10月30日、ティックトックへのサーバー提供などを禁じる措置の一時差し止めを決めた。「閉鎖すれば経済的な損害を被る」との利用者の訴えを認めた。商務省は11月12日、地裁の命令に従うとした。

一方、トランプ大統領は8月の大統領令で11月12日までにティックトックの米国事業を売却するよう運営会社の北京字節跳動科技(バイトダンス)に命じた。同社は売却交渉を続けるため、売却期限を延長するよう裁判所に求めている。米政権がどう対応するかが焦点となっている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン