/

ビットコイン、2年10カ月ぶり高値 決済利用増に期待

(更新)
景気の先行き不安が拭えないなか投資家がリスク回避に動いた結果、資金が流入しているという面もありそうだ=ロイター

【ニューヨーク=大島有美子】暗号資産(仮想通貨)のビットコインが急騰している。米調査会社コインデスクによると米東部時間12日正午(日本時間13日午前2時)に1ビットコイン=1万6000ドル台と、2018年1月以来で2年10カ月ぶりの高値をつけた。

米オンライン決済大手のペイパル・ホールディングスは10月下旬に仮想通貨を使った支払いサービスを始めると発表した。21年初めに約2600万の加盟店で商品やサービスの購入に仮想通貨が使えるようになる。世界に3億4000万人の利用者を持つペイパルの参入で、仮想通貨決済の裾野が広がるとの期待が広がり、ビットコインが買われている。

ペイパルの発表以降、ビットコイン価格は上昇し続けている。12日までの1カ月間で約4割上昇し、18年1月以来となる1万6000ドル台に乗せた。

ビットコインが上昇し続けているのには、景気の先行き不安が拭えないなか、投資家がリスク回避に動いた結果、資金が流入しているという面もありそうだ。米投資助言会社デヴィア・グループで仮想通貨取引に詳しいナイジェル・グリーン最高経営責任者(CEO)は「ビットコインは特定の国の政情と関係がない資産として、金と同様に買われている」とみる。

ビットコインは17年12月に1万9000ドル台後半をつけ、過去最高値となった。投機マネーの流入もあり、グリーン氏はビットコインが「2万ドルまで上昇する可能性がある」と予測する。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン