/

この記事は会員限定です

「エミリー、パリへ行く」が仏で賛否 偏見だらけか?

(更新) [有料会員限定]

【パリ=白石透冴、シリコンバレー=佐藤浩実】米動画配信大手ネットフリックスの人気ドラマ「エミリー、パリへ行く」がフランスで賛否両論となっている。偏見だらけとの声が上がる一方、全体としては肯定的な描写だとの意見もある。フランスの対米感情は複雑で、よけいに関心が集まっている面もある。

「エミリー、パリへ行く」は10月に配信されたロマンチックコメディー。米国で大人気だったことから、続編「シーズン2」の製...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り819文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン