/

ジェイテクト、冬季賞与0・1カ月分減額

ジェイテクトは12日、2020年春の労使交渉で妥結した賞与について、冬分の支給額を月例賃金の0.1カ月分程度減額すると発表した。新型コロナウイルスによる売上高の減少などで、21年3月期連結決算は最終赤字を見込む。業績見通しを踏まえて、9日に労使が合意した。同社によると、冬賞与を再協議して減額したのは06年の会社設立以来初めて。

ジェイテクトは春季労使交渉で年間賞与を4.9カ月分で合意し、今夏に2.5カ月分を支給した。冬分は2.4カ月分を予定していたが、10月下旬に会社側が業績低迷を理由に再協議を申し入れ、このほど0.1カ月分減額で合意した。

ジェイテクトは20年3月期も最終赤字だったため、20年3月期の役員賞与をゼロとしていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン