/

この記事は会員限定です

格安市場、厳しい独立系 大手に回線料下げ促す政策

解読・携帯競争促進策(下)

[有料会員限定]

「今後の電波の割当時に(大手の)取り組みを審査する」。総務省が10月に公表した政策集「アクション・プラン」には、こんな一文が盛り込まれた。携帯電話の競争促進に協力しなければ高速通信規格「5G」向けの新たな割り当てを認めないという圧力だ。

政策集は消費者による乗り換えの壁の排除と並んで、格安スマートフォンの競争環境づくりも柱に据えた。格安スマホは大手から回線を借りてサービスを提供する。総務省は大手の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1061文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン