/

共産「到底応じられない」 国民投票法改正案の採決

共産党の志位和夫委員長は12日の記者会見で、憲法改正の国民投票の利便性を公選法とそろえる国民投票法改正案を巡る採決に関し「到底応じられない」と述べた。国会の憲法審査会について「一般の委員会と違い、憲法改正を発議する場所(機関)だ。動かす必要はない」とも語った。

〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン