/

共産「接戦区は一本化」 立憲民主との候補者調整

共産党の志位和夫委員長は12日の記者会見で、次期衆院選での立憲民主党との小選挙区候補者調整を巡り「与野党が競り合っている所はできるだけ一本化した方がいいに決まっている」と述べた。立民の枝野幸男代表が50~100選挙区程度との見通しを示していることについては「大体そういう数字になってくる」と語った。

〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン