/

北陸3県景気判断、2カ月ぶり引き上げ 日銀11月

日銀金沢支店は12日発表した11月の金融経済月報で、北陸3県の景気の全体判断を2カ月ぶりに引き上げ「厳しい状態にあるが、持ち直しつつある」とした。生産は自動車向けを中心に受注が回復傾向にあるほか、個人消費も百貨店などで持ち直しの動きがみられる。

実体経済では個人消費の判断を4カ月ぶりに引き上げて「厳しい状況ながら、持ち直している」とした。百貨店では、プレミアム商品券などの消費刺激策が奏功し、高価格帯の商品が動き始めたという。

生産の判断は「持ち直しつつある」とし、2カ月ぶりに引き上げた。スマートフォンや自動車向けで電子部品・デバイスの受注が回復している。生産用機械でも半導体製造装置や建設機械で生産水準を引き上げる動きがみられる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン