/

この記事は会員限定です

近づく業績相場の足音 「金利高・株高」は良い兆候

編集委員 川崎健

[有料会員限定]

株高の勢いが止まらない。12日の日経平均株価は1年2カ月ぶりとなる8日続伸を記録した。急ピッチな株価上昇を「カネ余りによるバブル相場」と警戒する声は根強い。だが、ころころと変わる物色動向から一歩引いて全体を見渡せば、市場で重要な変化がひとつ起きているのに気づく。金利高と株高が同時に進む新たな局面に入っているのだ。

「今、投資家に決まって聞かれる典型的な質問が2つある。ひとつは相場は行き過ぎではない...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1386文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン