/

この記事は会員限定です

ゼンショHD、7~9月期の営業利益70億円 すき家の郊外店寄与

[有料会員限定]

ゼンショーホールディングスの2020年7~9月期の連結営業利益は前年同期比2割減の70億円強だったようだ。従来予想を20億円程度上回る。赤字だった4~6月期から黒字化した。主力の牛丼店「すき家」に来店客が戻った。他の牛丼大手に比べて郊外店が多く客足の回復が早い。ドライブスルー対応店が過半を占めるため、持ち帰りの需要も取り込んでいる。

売上高は4%減の1600億円弱だったとみられる。会社予想の1631億円には届かなかったが、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り807文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン