/

この記事は会員限定です

マンション管理人、コロナで負担増 人手不足にも拍車

[有料会員限定]

コロナ禍でマンション管理人の業務負担が拡大している。在宅する人の増加で増えたゴミの清掃対応や、住民間の騒音トラブルの仲介などだ。企業の定年延長などで管理人の成り手が不足するなか、管理サービスをどう維持していくか。住民や管理組合に対策が求められている。

消毒やゴミの搬送、トラブル対応など急増

「上階の子供の走る音が響いて困る」。外出自粛中の5月上旬、神奈川県内のマンションの管理人に住民から苦情が寄せられた。上階に伝えたところ、「そんなはず...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1668文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン