/

大和ハウス、大阪府と連携協定 キャリア教育や環境分野

大和ハウスと大阪府は包括連携協定を結んだ

大和ハウス工業は12日、大阪府と包括連携協定を結んだ。教育や環境、雇用促進、地域活性化など7分野で連携する。2021年開設予定の同社の人材教育拠点を活用した府立高校での建築に関する学習やキャリア教育の支援、府が主催する求職者など向けセミナーやイベントへの講師派遣などに取り組む。

同日、芳井敬一社長が吉村洋文知事を訪ね、協定書に署名した。芳井社長は「(当社にとって)1丁目1番地の大阪で、人づくりなどに少しでもお役に立てるようにしたい」と話した。吉村知事は「リーディングカンパニーである大和ハウスの協力を得た学習支援で、建築を目指す人が1人でも多く出てきてくれれば」と期待を述べた。環境分野では、プラスチックごみ問題の解決や再生可能エネルギー普及などでも連携する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン