/

最優秀吟醸酒に高清水、純米は浜千鳥 東北鑑評会

仙台国税局は12日、2020年東北清酒鑑評会の最優秀賞に、吟醸酒の部は「高清水」を造る秋田酒類製造の御所野蔵(秋田市)を、純米酒の部は「浜千鳥」の銘柄で知られる浜千鳥(岩手県釜石市)を選んだと発表した。

2020年東北清酒鑑評会で上位表彰された製造場の酒=共同

最優秀賞に次ぐ評価員特別賞は、吟醸酒が「鳳陽」の内ケ崎酒造店(宮城県富谷市)と「花朝月夕」の斎弥酒造店(秋田県由利本荘市)に、純米酒はわしの尾(岩手県八幡平市)と大納川(秋田県横手市)に決まった。

鑑評会には東北6県の147製造場が出品した。吟醸酒は46製造場、純米酒は42製造場が優等賞として表彰、両部門の上位3つを最優秀賞と評価員特別賞にした。国税局は「吟醸酒は果実を思わせる華やかな香りの酒がそろい、純米酒は個性豊かで味わいのある酒が出品された」と評価した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン