/

この記事は会員限定です

愛と狂気と理性が渾然 映画「ばるぼら」

[有料会員限定]

冒頭に「愛は狂気を含み狂気には理性が含まれる」というニーチェの箴言(しんげん)が入るように、流行作家がホームレスの少女に心を惹(ひ)かれた末に身を滅ぼしていくさまが、現実と幻想、退廃と狂気の入り交じった世界として描き出される。

手塚治虫が1973年から翌年にかけて1年ほどコミック雑誌に連載した漫画を原作に、息子の手塚眞監督が実写化した新作だ。

小説家として人気を博す美倉(稲垣吾郎)は、ある夜、新...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り628文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン