/

別府・杉乃井ホテル、新客室棟が着工 336室

オリックス不動産は12日、運営する「別府温泉 杉乃井ホテル」(大分県別府市)に2つ目の新しい客室棟「ミドル新棟」(仮称)を建設する工事に着手した。地上14階・地下1階建てで336室を備え、2023年中の開業を目指す。総額400億円以上を投じる同ホテルの大規模リニューアルの一環だ。

「別府温泉 杉乃井ホテル」の2つ目の新しい客室棟の完成イメージ

昨年着工した「カジュアル新棟」(仮称、155室)は21年夏の開業を予定。今後は既存のHana館(215室)を建て替え、本館(369室)は解体する計画だ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン