/

この記事は会員限定です

北海道・留萌4農協合併、広大エリアで生き残り模索

(更新) [有料会員限定]

北海道留萌地方の4農業協同組合が2021年2月に合併する。北海道の振興局管内の農協が1つになるのは初めてで、南北200キロメートル近くと広大なエリアの農協が誕生する。人口も組合員数も減少しており、幅広い農作物のブランドを磨き「稼げる農業」を目指す。

オロロン(羽幌町)、南るもい(留萌市)、苫前町、天塩町の各農協は10月、合併を承認し、留萌振興局の全8市町村をエリアとする「るもい農協」が誕生する。農...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り988文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン